行政手続きをITで自動化 手続きドットコム軽貨物

お客様の声

サービスをご利用になられたお客様の声をご紹介します。

  1. お客様の声 >
  2.  お客様の声 軽貨物ドライバー 佐藤健二さ...

お客様の声 軽貨物ドライバー 佐藤健二さん

お名前 佐藤健二
配送ドライバー歴 0.5 年
配送エリア 愛知県

インタビュー

大手配送会社でのドライバーの経験を生かして独立

前職は大手配送会社で配送ドライバーをしていました。仕事は順調だったのですが、家庭の事情があって地元へ帰ることになり、そのタイミングで退職することになりました。

数週間仕事のない時期があったのですが、いつまでも仕事をしないままにはいかないので求人を探し出したところ、軽貨物配送の仕事を知り、これは良さそうだと思ってやってみようと思ったのがきっかけです。

会社員時代は独立する気はなかったのですが、前職の経験も生きてくるし、案件を紹介してくれるような会社もたくさんあることが分かったので特に不安はなかったですね。

紹介会社を経由して業務委託契約で配送会社と契約を結ぶことができ、割とスムーズに仕事を始めることができました。

手続きドットコムを利用した経緯

紹介会社のほうで軽貨物営業届け出の代行をしてくれるのですが、代行費が結構高かったので自分でやろうと思っていろいろと調べていたところ、記入する書類もいろいろあるし複雑でよくわからなかったんです。なにか楽にできる方法がないかと調べていたところ手続きドットコムにたどりつきました。

価格も安いし、Web上で入力していくだけで全部書類ができて提出方法も説明してくれたので、とても助かりましたね。ほんとに10分くらいで終わりました。

仕事は配送会社と業務委託契約で請負

多くの軽貨物ドライバーはPickGoやAmazonFlexを利用しているかと思いますが、私は業務委託契約で配送会社と直接契約をしています。

私は岐阜県で仕事をしているのですが、田舎のほうだとPcikGoなどだとあまり案件が取れないらしく、回りの配送ドライバーも業務委託契約で仕事をしていることが多いですね。おそらくAmazonFlexでも同じような状況なんだと思います

また、業務委託契約だと委託先や紹介会社からリースで安く軽貨物用自動車を借りることもできるので、初期費用を抑えたい方や短期でやる人はいいかもしれないですね。

軽貨物ドライバーは自由である反面だらけないようにするのも必要

会社員と違ってノルマがなく、自分で働くペースを選ぶことができるので、時間の自由を確保しやすい反面、だらけてしまうこともあります。なので私は日々の配達が単調にならないよう、毎日自分の中で小さい目標を決めています。

例えば今日は150個配送を完了させようとか、依頼があった荷物を18時までにはすべて終わらそうとか、そういう小さな目標なのですが、それがあるとペースを維持することができるのでお勧めです。

効率よく配達するコツとして、Zenrinの「配達アプリ」というアプリを使っています。月額1,600円かかるのですが、GoogleMapなどの地図アプリと比較して地図が細かく、GPSの精度も高いので、田舎のほうで配達をするときはオススメです。

また、他の人のヘルプなどで担当しているエリア外も行くことがあるため、道に不慣れなときはとても便利ですね

たくさん稼ぎたい人には軽貨物ドライバーはオススメ

前職の時は休みは多く、わりとワークライフバランスはとれていました。大型連休はなかったのですが、完全週休2日制で有休もとりやすかったです。8時出勤19時退社で拘束時間は多少長いですが、休憩時間や待ち時間もあるので体力的にはしんどくはなかったです。

ただ、最近労務管理が厳しくなってきたというのもあってほとんど残業はできず、自分が働きたくても制限されていてそれ以上働けないという状況でした。

独立してからは休みは週に1日くらいです。7時半出勤20時退勤で勤務時間は増えましたが、その分収入は増えました。

私は休みの日は特にやることなくだらだらしていて、それなら仕事をしたほうがいいなと思っているので今の生活のほうがあってますね。

佐藤健二 様、ご利用ありがとうございます!

APPLICATION

軽貨物営業届出の書類作成をカンタンに

FAQ

お客様からのよくあるご質問を掲載しております

よくある質問