行政手続きをITで自動化 手続きドットコム軽貨物

お客様の声

サービスをご利用になられたお客様の声をご紹介します。

  1. お客様の声 >
  2.  お客様の声 軽貨物ドライバー志賀 努さん

お客様の声 軽貨物ドライバー志賀 努さん

手続配送 軽貨物ドライバー: 志賀 努 様

お名前 志賀 努
配送ドライバー歴 4 年
配送エリア 大阪府近郊

インタビュー

手続きドットコムを利用しようと思ったきっかけ

事前にインターネットでいろいろ調べていて、黒ナンバーを取得するための難易度が高いことはなんとなく分かっていました。行政書士に依頼すると結構高いので自分でやろうと思っていたのですが、面倒なことが多いので先延ばしにしてしまっていました…。

そんな時にYoutubeを見ていると手続きドットコムを紹介している動画があって、これは便利だなと。実際に使ってみるとほんとに15分くらいで書類が出来上がって、提出先や提出方法も全部表示されていたのでとてもスムーズに申請することができました。

子供に事業を残したいという思いから軽貨物配送業で独立へ

前職は物流関係の仕事をしていて、正社員としてAmazonにて倉庫管理などを実施していました。倉庫で仕事をしている契約社員の方々等のマネジメントが主な仕事で、倉庫での作業での安全面の管理や育成などに従事していました。

中学を卒業して16歳から働いていて、物流や営業、工場などいろんな仕事をしていましたが、いつかは独立して経営したいと思っていました。

そんな中Amazonで物流の仕事をやっていて、ネットショッピングが盛んになっていく中でEC関係の物流の需要の高さに惹かれ、なんとなく将来は物流回りの仕事で独立してやっていきたいと思うようになりました。

前職の仕事は大企業ですし安定もしていましたが、自分が退職した後に資産として何も残らないことにもどかしさを感じていました。

子供が4人いて、将来子供たちに財産として事業を残しておきたい、そんな思いから物流の仕事で培った知見を活かして軽貨物配送の事業で独立することを決心しました。

今は一人でやっていますが、徐々に規模は拡大していきたいと考えています。5年後くらいまでに何とか形に持っていきたいです。また配送事業以外にも情報発信も積極的にやっていきたいと思っていて、ブログやYoutubeなども始めていきたいと考えています。

案件は主にAmazonFlexから受注

配送の案件の獲得は主にAmazonFlexを使っています。それ以外だとPickGoやUberEats、出前館も使っていますが、8割方の仕事はAmazonFlexから受注していますね。

AmazonFlexは案件が多く単価も比較的高いのですが、配送時間帯が14時半~20時までがメインとなっています。なのでその時間帯はほかの案件は受けずに出来るだけ空けるようにして、AmazonFlexからの案件を受注できるようにしています。

また、AmazonFlexでは優先オファーという制度があって、一定の配送をこなし評価をされると優先的に配送の案件を引き受けられるようになります。最近は軽貨物ドライバーも増えてきたので、こういう優先的に案件をとれるようになるとありがたいですね。

優先オファーをもらうためには、単純に案件をこなすだけではなく、AmazonFlexの規約やルールをきちんと巡視しているか、荷受けや荷下ろし時にきちんとした態度で接しているかなども評価されるらしいです。

AmazonFlexの荷物を受け取る「ステーション」と呼ばれる場所で荷物を受け取ることが多いのですが、そこには社員の方もいるので運転ルールを守りきちんと挨拶をするようにしています。

AmazonFlex以外で大きな配送プラットフォームだとPickGoなどがありますが、私は関西を中心に配送業をやっていて、PickGoだと関西周辺の案件が少ないのであまり使ってないですね。

UberEatsや出前館は案件の数は多いのですが単価も低いため、ガソリン代などを加味するとそれほど利益がでないんです。なので時間が空いた時に使っているという感じですね。
UberEatsはアプリ側から自動的にオファーが来るのでスキマ時間でもやりやすいのですが、

出前館のほうは早押しで案件を受注する必要があるので、他のドライバーと取り合いになることが多く、アプリに張り付いている必要があります。なので出前館はある程度まとまった時間を確保していないと案件をこなしていくのは難しいかもしれませんね。

配送会社と直受けで業務委託契約をしてみようと話を進めてみたこともありましたが、
荷物が少ない、拘束時間が長い、途中で解約すると違約金が発生するなど、業務委託側に不利な条件となっていたり、場合によっては委託主の社員との上下関係があったりしてブラックなところが多い印象を持ったため契約はしませんでした。

今後はルート配送など、メーカーや小売業などと直接契約をしていきたいとも考えています。
まだ経歴が短く足元を見られることが多いため、これから経験を積んで案件を獲得できるようにしていきたいです

軽貨物ドライバーの仕事環境

労働時間は会社員時代とあまり変わらないですね。個人事業主だと働く時間を自由に選べる印象がありますが、配送の案件が多い時間帯が決まっていて、その時間帯は事実上拘束されるので、労働時間自体はさほど変わらない印象です。

会社員時代と違って可能性が無限にあるので、事業を拡大していくワクワク感がありますが、その反面自分で仕事を取っていかないといけないのでプレッシャーはあります。会社員だと黙ってても仕事が振ってくるのである意味気楽だったのかもしれません。

独立してから人間関係によるストレスは減りましたが、仕事面でのプレッシャーが大きくなりましたね。
そのプレッシャーに負けず、これからも頑張っていきたいと思います

志賀 努 様、ご利用ありがとうございます!

APPLICATION

軽貨物営業届出の書類作成をカンタンに

FAQ

お客様からのよくあるご質問を掲載しております

よくある質問