行政手続きをITで自動化 手続きドットコム軽貨物

お客様の声

サービスをご利用になられたお客様の声をご紹介します。

  1. お客様の声 >
  2.  お客様の声 軽貨物ドライバー渡辺拓夢さん

お客様の声 軽貨物ドライバー渡辺拓夢さん

お名前 渡辺拓夢
配送ドライバー歴 8 年
配送エリア 愛知県名古屋市内、春日部市内

インタビュー

前職は大型の長距離トラックドライバーをしていました。トラックドライバーは激務なイメージがありますが、まさにその通りで体力的にもきつかったですね。

家に帰るのが月に一回とかも普通にありましたし、仮眠も十分に取れなかったときも多かったです。労働時間も1日20時間の時もありました。

また、荷積み・荷下ろしの時も結構体力を使うことが多く、手作業でやっていたので肉体的にもしんどかったですね。

若いうちはしばらく仕事は続けようと思っていたのですが、子供も生まれて、家庭の時間を取りたいと思うようになりました。

転職活動をしようと思ったのですが、私はトラックドライバーの経験しかなく、「いまさら事務職も難しいだろうな、でも同じトラックドライバーだと家庭の時間を取れないだろうな」と悩んでいたところ、軽貨物ドライバーの仕事を知り、これはいいと思って興味を持ったのがきっかけです。

今のうちに、個人事業主として事業を拡大をしつつ、家族と過ごせる時間を確保できる仕事は魅力的だと思いましたね。

思い立ったら即行動するタイプだったので、決めた後に1カ月後とかには準備を進めていました。

手続きドットコムを利用したきっかけ

トラックドライバーの仕事をしながらの準備だったので、手続きにはほとんど時間を取れない状況でした。軽く調べてみましたが書類もいろいろ用意しなきゃいけないし、手続きも複雑そうでよくわからないので、

何か便利な方法はないかと調べていたところ手続きドットコムに行きついた感じですね。書類も10分くらいで出来たので、忙しい中でも楽に手続きを済ますことができました。

仕事は業務委託で配送会社と契約

多くの軽貨物ドライバーはPickGoやAmazonFlexを利用しているかと思いますが、私は業務委託契約で配送会社と直接契約をしています。休みの時や時間が空いた時にPickGoなどを利用する感じですね。

普段の仕事としては、契約を切られない限り安定して入れるため、案件を取ってくるために営業したりネットで探したりということをやらなくていいのはいい点だと思います。

契約自体も、前職でドライバーの経験があったのですんなりと決まりました。大手配送会社と個人事業主をマッチングするサイトがあって、そこに申し込んだ後に契約先と面接をしてお互いに合意できれば契約という形です。今は人手不足というのもあるので、ドライバー側のほうが選択権があるようなイメージを受けました。

契約上は、荷物一つあたり〇円という形で単価を決めて配送している形です。営業所によって単価は違っているため一概には言えないですが、宅急便で1個当たり150~160円程度が最低ラインになると思います

道順を覚える+積み方を整理することで効率アップ

会社員の場合はどれだけ配送をしても固定給になりますが、軽貨物ドライバーの場合は限られた時間の中で出来るだけ効率よく配送し、売上を上げていく必要があります。

私は効率よく配送するためのコツとして、特に積み方を気を付けています。住所毎に積み場所を分け、〇〇町は右側、△△町は左側というような形です。配送先に到着した後に荷物を探すのに時間を取られることが多いため、その時間をどれだけ減らせるかが勝負だと思います。

あとは自分の担当するエリアの道を覚えることです。ナビに頼った配送をしていると、一個一個ナビに住所を入力して、出てきた住所を確認して、という作業をやらなくてはならず、それが積みあがっていくと結構な時間になります。

なれるまではナビを使わざるを得ないと思いますが、できるだけ早く道を覚えてナビを使わずにできるようにしたほうが良いかと思います。早ければ半月くらいで担当するエリアの道は覚えられるのではないでしょうか。

ワークライフバランスは良好

前職の長距離トラックドライバーがひどすぎたというのはありますが、労働環境が劇的に変わりましたね。

家族と過ごす時間もとれるようになりましたし、毎日家に帰れますし、それでいてある程度の収入は確保できるので、独立してほんとによかったと思います。

トラックドライバーで転職を考えている方にはオススメの職業だと思いますよ。

渡辺拓夢 様、ご利用ありがとうございます!

APPLICATION

軽貨物営業届出の書類作成をカンタンに

FAQ

お客様からのよくあるご質問を掲載しております

よくある質問